学生の就職活動のリアル

昨日、久しぶりに学生相手に就職についての相談というか、

アドバイスお茶会というのを行ないました。

 

保育園お迎えの関係もあって、実際30分くらいしか

お話できなくて、また後日ゆっくりと・・ってなったんだけど *^^* 笑

 

今回お話をしたのは大学3年生のYちゃん。

就活を意識して本腰入れて取り組みはじめたのは

ほんの2、3ヶ月前からー・・という感じらしい。

来月3月1日からいよいよ企業のエントリーが一斉スタート!というので

焦りを感じつつ・・・。

 

この2月はひたすらいろんな会社のインターンや、

会社説明会にいって情報を探りにいっているんだけど、

うーーーん いまいち

自分に合う会社とか業界、

職種がわからなくなってきてしまって・・

というような相談。

(本当にこの相談はめちゃくちゃ多い・・)

 

Yちゃんがすごいなー・・えらいなーと思ったのは、

まず、就活に関して友達とスケジュールを合わせて・・ってことが一切なくて

あくまでも【自分1人で動いている】というところ。

 

これがすっごい大事で、

お友達の〇〇ちゃんが会社説明会に行くっていったから一緒についていったー とか

同じ会社に入りたいから、一緒の会社選んで受ける! とかは

私的に絶対におすすめしない。

 

その時は心強く感じるかもしれないんだけど・・。

 

会社説明会の時とか、気持ち的になぁなぁになることが多いし。

(もう会社の話、十分聞けたよね!早く切り上げてカフェでもいこうー♡^^とか絶対なる!笑)

 

万が一、友達が本命!っていっていた会社を一緒に自分も受けるー♡ っていって

受けて、自分だけ選考に突破した際に、友情に亀裂が入る可能性が高まる・・←

(この話もリアルに聞いたことある・・悲)

 

そう・・だから就活は、ある意味自分自身との戦いなんだよね・・って

話も今日はちゃんとしようと思ったけど

そこをわかって動いていてくれた子で、すごく安心。

 

そしてそれと同時に、

確かに戦うのは自分だけど、

実際に社会人の先輩だったり、私みたいなふつうの主婦をつかまえて

リアルな話を聞かせてもらいたい。 って言って

他者をしっかり頼れるところ。

実際にメッセージを送って行動できるところは、本当に素晴らしい。

(就活中の学生と社会人とをつなぐマッチングサイトを経由して、

わざわざメッセージを送ってくれたのでした。)

 

 

自分がこれから何をしたいのか。どんなタイプなのか。

いままでどんな経験をしてきて、仕事にどんな風にいかしたいのか・・をはかる

自己分析」も就活においてはすごく大事なんですが、

 

他己分析!!」(他者から自分がどう見えているのか・・)が

私的にはとにかく大事!!

実は1番知っておかなければならないことで、

履歴書をまとめるにしても、面接挑むにしても

何よりポイントとなることだと思っています。

 

それは、仲の良い友達に「ねえねえ私ってどんな性格だっけー?」って

気軽に尋ねてみるでも良いし、自分のことをよく知る家族に聞くのもいいと思う。

はたまた、私みたいにまだ知り合って間もないって人から

後で尋ねてみるのも面白いはず。

 

 

今日お話したYちゃんは、

 

ルーチンワークが嫌い。

・接客とか人と関わる仕事をやってみたい。

・とにかく自分で動いてみるタイプ

・グループより少人数で過ごす方が気持ちが楽

・何にでも飛び込んでみてから1番いいなと思ったところに進みたい。

・福岡が好きなので、福岡で働きたい。

 

と話を聞いてみれば

学生時代の私とまるで似たタイプ。笑

 

私的には、営業職が向いているんじゃないかと・・。という

ワードまででてきたので、おお! とちょっと嬉しくもなる。笑

 

私の場合、

あまり深く考えず衝動的に突き進むタイプだったけど←

 

話を聞く中で

Yちゃんは今はいろんな業界をみてみたい・・といいつつも

でもやるならこんな仕事かなー・・とだんだん軸が定まってきていて、

その辺もきちんと考えながら、動いているタイプだなと勝手に分析。

 

提案することも好きだと自分で言っていて

広告系・・コンサル系・・あたりの会社を探しているとのことだったんだけど

 

もう少し具体的に話を聞いてみたら、

とにかく子どもと関わることが好きで、

もともとは保育士になりたいって思っていた時期もあったくらい。

今は、小学校の学童保育のサポートとかもアルバイトでしています。

子どもとのかかわりはすっごく楽しいし、好きです。

っていう。

 

でも、彼女的には、そのエピソードよりも

4年間ほど続けている飲食店アルバイトの話を通して、

接客系、人と関わる系の仕事がしたいと思うようになった・・って

意識の方が強いみたい。

 

すっごく子ども好きなんだったら・・と思って

子どもと関わる仕事とかで就職先を探してみたりはしたー?って尋ねたら

子どもと関わる仕事・・ってどんなものがあるんでしょうか。

保育士資格とかもないし、なんかそっち方面で考えたことはないですね・・。

っていう・・。

 

えええ、もったいないーとさえ思いながら、

そうなんだ・・よね。。

振り返るとあすちゃんも就活始めた時に同じ悩みを聞いたなぁーー・・

 

子どもは好き・・だけど

保育士さんを目指すのは難しいし

実際ママでもない私に務まる業界ではない気がする・・って

どうしても敬遠しがちになっちゃうところ。

一緒だなぁ・・と。

 

業界的に就職ナビサイトにあまり載っていないって

イメージもあるって言ってた。

 

そうなんだよね・・。

学生さんにとっての就活とは

就活サイトに載っている会社から選ぶ

大前提になってしまっているわけ・・。

 

 

 

私自身ママになってからすごい思うけど、

子どもとか赤ちゃんと関わる仕事・・・

まわりにめちゃくちゃあるよね!!!!って思う。←

 

 

でも、私が学生の時には絶対気づけなかったし、

考えもしなかっただろうって思う。

それはやっぱり私も就活ナビサイト重視で

就職活動を行っていたし、

子どもと関わる仕事 = 保育士さん 的な視点しかもてなかったと思う。

 

あすちゃんの場合は、

子ども関係の仕事の具体的イメージをわかせたくて、

産前産後サポート・産褥シッターを手掛けられている

ママンズカラーの松田彩香さん、

同じく産前産後サポートを手掛けられている

てのひらのゆりかご かどたにまいさんからお話を直接伺う機会とかをいただいて

 

すごい勉強になったーって感動してた。

 

実社会でこんなにママのために活躍されている女性がいて、

そしてこんな形で赤ちゃんや子どもを笑顔にできる仕事があるなんて

考えもしなかったです・・。って喜んでもらえて。

 

私自身もすごい勉強になったし、

ああ、やっぱりこういうナビサイトにとらわれない就職活動というものを

学生さんに伝えていきたいんだよね・・ってその時改めて思ったのでした。

 

 

だから、その時の気持ちをもう一回思い出して

ちょっとだけナビサイトから抜け出して、

視点をかえて Yちゃんの仕事探しをしてみようか!って提案。

 

子どもと関わるお仕事・・。

Yちゃんが知らないだけで福岡にはいっぱいあると思うよー!

 最終就職先でその業界を選んでもらいたいってわけではなくて、

あくまでも選択肢を広げるという意味で。

 

私が今現役ママってことも全然利用していいし 、

会わせたいなーって人もたくさんいるし。

就職説明会ではなかなか伝わらないことも

選択肢の1つとして色々見せてあげたいなーって思っているから、

ぜひぜひ頼ってね! *^^* って話した。

 

そしたら 

すっごく嬉しいです!ぜひぜひ♡ と笑顔で言ってもらえて。

 

それだけですごく嬉しかった・・・。

 

 

来週、早速我が家に遊びに来てもらえることになりました。笑

 

日中も都合がついたら

チラシ配りとか会社訪問とか、ママ向けイベント一緒に連れていったりとか。

普段はなかなか体験できないこととかも伝えてみたいな。。とか。

 

営業職にもチャレンジしてみたい!って前向きな気持ちの

Yちゃんと一緒にたくさん私も成長していきたいです。