セロ弾きのゴーシ。。

今日は在宅ワークdayで、

4時間半かけて放送コンテストの審査をしました。

 

 

昨日夜に音源データが郵送で届いて・・

本当は明後日26日(日)が締め切りだったんだけど

 

明日明後日の土日で

子どもたちを見ながら集中できる気がしなかったため・・汗

 

 

エントリーしている83人全ての発表を聞いてその場で

PC内の審査用紙に講評(そこそこボリューム有)を打ち込み、

点数をつけ、メールで送付。

 

 

午前中に家事を頑張って・・・

13時スタートで休憩を5分くらいはとったけど

全ての作業が終わったのは17時半で、、。

 

すぐさま保育園のお迎え時間となりました、、、

 

 

疲れがやばい、、、。

 

そして長時間ひたすらPCに何かを打ち込むという作業・・

なかなかに肩が凝りますね、、泣

 

 

朗読コンテストの課題図書で「セロ弾きのゴーシュ」があって、

 

 

もう音源データで聞き取りづらいのも大いに関係あるのですが

 

ゴーシュが ゴーシ ゴーシ に聞こえて・・

 

 

学長はゴーシュを指名した。

 

学長はゴーシを・・・

 

 

ゴーシュは寝ぼけたように叫びました。

 

ゴーシは寝ぼけたように・・・

 

 

 

ゴーシュはなんと思ったか

 

ゴーシはなんと思ったか・・・

 

 

もうゴーシは大丈夫っっ!!!!

お腹いっぱいっ♡ って感じでした。ww

 

 

でも人が声に出して読むのを聞いていたら

あー続きが気になるーー!この次どんな展開になるんだろーーって

気になる本とかも出てくるんだけどさ・・・

 

 

同じ箇所を読んでいるはずなのに、

読み手の声、間の取り方、スピードの緩急、

これらの違いでこんなに印象変わりますかね!???ってくらい

 

読みたい欲に差が出てくるんだよね、、、。

 

 

 

音読・朗読って

大事だよねーーと しみじみっ。

 

 

これまで結構な数の読み聞かせをしてきたけれども

3姫には少しでもその大切さ・・伝わっているだろうか、、。